太陽光発電

太陽光発電

効率性は、太陽光発電施設が取り組まなければならない大きな課題の 1 つです。技術的な観点だけでなく、経済的な観点からも取り組みが必要です。

最適コストのドライバ ソリューションは、Power Integrations の内蔵 SCALE 及び SCALE-2 ゲート ドライバを使用して実現します。これらのゲート ドライバにより、部品数と基板サイズを標準的な個々のドライバ ステージよりも大幅に削減することが可能になります。機能内蔵により、部品の数が減って潜在的な故障が少なくなるため、信頼性も増します。従って、システムの全体的な MTBF (平均故障間隔) は、SCALE ゲート ドライバと SCALE-2 ゲート ドライバを使用することで改善されます。

太陽光エネルギー利用に関連する技術的課題の 1 つは、過電圧の保護です。

通常運転時 – 負荷が標準温度で接続されている時 - ソーラー インバーターの DC リンク電圧は、電源スイッチの最大阻止能力に比べると、比較的低めです。従って、電源スイッチがオフになった時に生じる過電圧を処理するのに十分な電圧の '余裕' があります。そのため、アクティブ クランプ手法を使用した、これらのスイッチの保護は、簡単に達成できます。

ただし、ソーラー インバーター (より正確には、ソーラー パネル) のオープン回路電圧は、特に低温時には、電源スイッチの最大阻止能力に近づきそうなほど、DC リンク電圧が上がる可能性があります。その間に、標準アクティブ クランプ回路によって、電源スイッチが予期せずオンになる可能性があります。うまくいけば、結果的にさらに損失が生じ、EMI が増加するかもしれません。ただし、最悪の場合は、ソーラー コンバーターが完全に故障することになります。

この状況に対処するため、Power Integrations は ‘ダイナミック アドバンストアクティブ クランプ (DA²C)’ という高度なアクティブ クランプ技術を開発しました。この技術により、クランプ機能が自動的に動作及び動作解除するため、ソーラー インバーターをあらゆる使用条件下で安全に運転できます (図 2 を参照)。

 

2ダイナミック アドバンスト アクティブ クランプ (DA²C)