風力発電

風力発電

風力発電システムは多くの国で、現在のエネルギー生成インフラの重要な基幹となっています。使用されている実際のコンバータ技術に応じて、これらの風力発電システムには、次のサブシステムが 1 つ以上含まれています。

  • 機器側のコンバータ
  • 回路側のコンバータ
  • DC リンク
  • ブレーキ チョッパ
  • クロウバー

次の図に、最も一般的な 2 つの風力発電システムの簡単なトポロジを示します:ダイレクト ドライブ (DD) 風力発電システム (図 1) 及び二重給電誘導発電機を備えた風力発電システム (図 2)。

1 ダイレクトドライブ風力発電システム

2 二重給電誘導発電機を備えた風力発電システム

DC リンクとクロウバーを別にすれば、最も優れたパワー半導体は IGBT ですが、IGBT がその 15 年 (最小) の耐久年数の間、故障なしで動作するためには、信頼できるゲート ドライバが必要です。信頼できるゲート ドライバがないと、停電の代償は大きなものになります。それは、エネルギーが失われるためだけでなく、保守やロジスティックのコストが生じるためであり、遠隔地では特に大きくなります。Power Integrations は、風力発電システムの産業用標準 (2SP03202SP0325 など) として確立された、高信頼のプラグアンドプレイ ドライバを設計しました。

通常、可変速風力発電システム (図に示す DD や DFIG システムなど) の場合、実際のシステム条件と風力条件を考慮に入れて回転翼を調整するために、ピッチ制御が必要になります。これらのピッチ制御コンバータには、Power Integrations の 2SC0108T IGBT コア ドライバなどの製品によって駆動する IGBT も使用されています。